ゲームレビュー“推し”合いブログ!youtubeで動画配信中(押すとチャンネルに飛びます)

Blasphemous(ブラスフェマス)

ジャンル:2D探索アクション
プラットフォーム:STEAM、PS4、Switch
販売/開発:Team17/The Game Kitchen

見た目キワモノなのに、中身は綺麗にまとまっているというギャップよ…

推し人:たわし

どんなゲームなの?

神によって、自らの罪が具現化した世界を舞台に、その奇跡と向き合っていく様を見届ける2Dアクション。メトロイドヴァニアと呼ばれる探索型のゲーム性をしており、道中でアイテムや特殊なアクションを会得しながら、数々の試練に挑む事になる。

ボス戦では、某死にゲーリズムアクションばりのパリィ合戦も!

推しポイント!

  • 非常に美しいドットによるアートワーク
  • ガードが一切ないのに強い!パリィアクション
  • ツボを押さえまくった探索要素

緻密なドットで描かれた残酷且つ芸術的な世界観

まず始めに…本作を推していく上で避けては通れない点があるんだ。それはね…。このゲームがすこぶる刺激的(スプラッター)だって事。それ故に、おそらく万人受けしない作品だと思うのよね。とりあえずの先制パンチとして、下の動画を貼っておくから、大丈夫そうだったら記事も読んでみてほしいな。グロ注意!グロ注意!

こんな死に方するやで…こえええええええ

グロ美しい…とでも表現すれば良いのかな?芸術的で宗教画を思わせるような場面が数多く存在し、壮麗で残酷な世界を見事に表現している。開発がスペインのインディーズスタジオとの事で、自国の文化にインスパイアされた作品に仕上げたとの事。あちらの著名な絵画や建築、彫刻などといったものを参考に制作されたんだって。たしかに至る所で中世アートを感じさせるつくりだわ。

主人公は某三角様みたいな仮面を被った…悔悟者。無口なのではなく、神からの奇跡に従い、どんな痛みを受けようが一切声をあげない。でも、回想では普通に喋りだす。オイオイと早々にツッコミを入れたくなるところだけど、まぁ声には出してない訳だし許されるよね?ちなみに、被り物の下は素顔も窺い知れない為、実は絶世の美少女…!というのは私のただの願望。

この見た目で中身は美少女…無理あるなぁ。

あーあと、女性が結構すっぽんぽんで出てくるんだけど、いやらしさみたいなものは微塵も感じないわ。純粋で気高く、そして美しさを感じる荘厳な存在ばかりで………。
ごめん。やっぱり純粋に気持ち悪かったりしかしないや。

剣じゃなくて胸を見つめてるの見透かしてくる系女子とか、顔が三つある毛深い子とかちょっと難易度が高すぎる…これは信仰心が試されているわね。

悔悟者さんが強くて気持ち良き!

本作では、アクションゲームとしてプレイヤーが出来る事はそう多くはなく、良い意味で綺麗にまとまっている。おのずと敵の攻撃に対する回答も限られてくるわけだけど…

距離をとって差し返しを狙う。スライディング回避でそのまま裏をとる。敵の攻撃に合わせてパリィで反撃を狙う。このあたりの動きが基本。ゴリラな俺らでも簡単に覚えられる素敵なつくりに感無量だ!圧倒的感謝を!

中でも、私が特筆したいのは“パリィ”。悔悟者さん自身がノーガード戦法故に優遇されているのか、動作が短くかなーり擦れる!たとえ攻撃中だろうが回避中だろうが、いつでも動作をキャンセルしてパナせるので、相手にしてみたらたまったものじゃない!私が敵側だったら、この主人公には間違いなくあったまるね!久々にキレちまったよ…教会いこうや…。
また、特別な装備“心臓の柄”を手に入れて装着する事で、パリィの持続時間を伸ばすことや間隔を短くする事だって可能。自分の一番扱いやすいパリィを擦りまくれ!

構え中に敵の攻撃が当たると、ダメージを受けずにその攻撃をいなせる!擦れ擦れ。

パリィと共に防御の双璧を担う“回避”はスライディングとなっていて、移動も兼ねている。しゃがみでキャンセルが効くし、装備アイテムで後隙減少も可能。ホントダメだってこんな強キャラ。

この高速スライディングに無敵伴ってるとかマジすか!?

また、ゲームを進めて行くと、技を会得できる特別な場所に出逢うこともある。回避中に攻撃をする事で繰り出せるスライディング攻撃は、近接こそアホみたいに強いが、ちょっと遠くにいる敵に対してのアプローチがかけられない悔悟者さんの弱点を完全に補うあかんタイプの技だ。無敵擦りながら判定持続たっぷりの攻撃押し付けてくるのほんまあかんで?

広い判定と持続たっぷりの強技!安心して擦れる

実は悔悟者さん…防御だけでなく、攻撃も非常に優秀で攻守ともに隙が無い。リーチが長く出が早い通常攻撃は、振り向きでいつでも動作のキャンセルが可能!一段目で止めたり、最後まで出しきって後隙を晒しつつパリィを狙ったり、振り向きすかし攻撃を繰り返したりと工夫して敵のガードを揺さぶっていけ!ブラスフェマスは格ゲーじゃないので、そんな必要はありません。
真面目な話に戻すと、攻撃で相手が怯んだ際は攻撃二段止めから、また二段止め…というエンドレスループが完成する。君が死ぬまで斬り続けるのをやめないっ!うおおおおおおおお。

振り向き時にも攻撃判定があるので、敵に囲まれたりした時もこれ擦っとけばオールオッケー!

あ、そうそう。対空も完璧なので、残念ながらジャンプで逃げても無駄よ?地対空頭おかしいからね。

ところで この上強(スマブラ脳)をみてくれ こいつをどう思う?

自分から攻めていくのだって非常に優秀。通常だとジャンプからは二回までの攻撃しか出来ないが、これまた特殊アイテムを装着する事で最速空中攻撃からギリギリ三回目の攻撃が可能に!この三回目の攻撃は、空中判定ギリギリのほぼ接地状態から繰り出される為、当たり判定だけを残して本体が自由に動ける。相手にガードさせて超有利というぶっ壊れ技だ!惜しむらくは主人公には投げ技なんてないし、そもそも、中下段という概念がこのゲームには存在しないので、とにかくガード安定というところ。

ちくしょう、ちくしょう…そうなんだよ!このゲーム格闘ゲームじゃないんだよ!

ジャンプから空中攻撃が三回も繰り出せる!格ゲーだったら強かった…格ゲーだったなら!

しっかりとメトロイドヴァニアのツボを押さえた優等生的なつくり

主人公や世界観が独特な“Blasphemous”。ゲームの内容も同じく特殊な感じなのかな?と思ったら大間違い!メトロイドヴァニアとして一番大切な要素…すなわち、探索の楽しさをしっかり味わえるバランスの良い作りとなっている。道中にて怪しい壁があった場合はとりあえず攻撃をぶっ放せ!隠された道や特殊なアイテムが見つかる事だろう。楽しい!

特殊アイテムを手に入れる事で探索の幅が広がっていく

さらにさらに!メトロイドヴァニアの生みの親。IGAこと五十嵐孝司さんの代表作“ブラッドステインドのミリアム”さんともコラボしている!コラボステージは本編とは完全に独立しており、そこではタイムアタックを楽しめる。このタイムアタック…時間設定がかなりシビアで、 “Blasphemous” というゲームに慣れていない限りは、まず間違いなくクリアできない難易度になっている。腕試しに持ってこいだね!

この美しいおみあしは…!やはり、ブラッドステインドのミリアムさん!!!はわわわわわ!

美麗なアートワークと純粋なアクションとしての面白さ…そして、探求欲をしっかり満たしてくれるメトロイドヴァニア要素…これらのゲーム性がずっしりと詰まった本作。あなたもぜひ、奇跡の重みを感じながら巡礼の旅へと赴いてみてほしい!


俺らのコメント!

しろこ
しろこ

おひるね
おひるね

てすてす

との
との


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。