ゲームレビュー“推し”合いブログ!youtubeで動画配信中(押すとチャンネルに飛びます)

俺らの語録

普段からアホばかりしている俺らの戒めの場。メンバーがおかしな言動をするたびに日々更新されていく模様。

あ行

a Geriben(ア ゲリベンヌ)

「ぶつちち」の英訳

絵合わせマウント

年末の締めくくりとして、たわしの自宅にておひるねと交代でスーパーマリオブラザーズ3をやっていた時の事。
ド素人丸出しの危なっかしいプレイをするたわしを優しく見守っていたおひるね。彼は何を隠そうスーパーマリオブラザーズ3博士だったのだ!
そんな彼の手番では隠し要素を次々と見せ付けてくる圧倒的プレイをしていたが、たわしがふと始めたミニゲーム、絵合わせにてこの事件は起こってしまう。
この絵合わせ…縦3×横6の18通りの中から選ぶようになっており、一回は間違えてもOKなルール。特に何も考えずに選んだ左下の絵柄は”スター”。もちろん最初は当たるわけないと思い、適当な場所をめくるがこれは当たらず。
次はどこにしようか…と考えていた時に出たおひるねの一言。
「右下に決まっとるやろがい!」
おそるおそる右下のカードをめくったその先には宣言通り”スター”の姿があった!

今までの数々のスーパープレイによってマリオブラザーズ3マウントを確実に取りに来ていたおひるね。そこにさらに、こんな選択肢の多い絵合わせまで当ててくるという明らかなマウントの過多によりたわしのメンタルは完全に崩壊。
そっとコントローラーから手を離し、ソファに横たわり現実逃避をはじめるのだった。

おしるの伝説 時のグランドピアノ

名作『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のもじり。おひるねはピアノが弾けるのだが、自身があの世界の主人公だったらオカリナ吹けなくね?という話になり、「ピアノならいけるやん…どうせだったらグランドピアノの方が良いなぁ」とか突然言い始めた。グランドピアノという大型楽器を持ち歩く事を全く考えていないであろう浅はかさ。欲望丸出しでここぞとばかりに一番値が張るであろうグランドピアノを所望する浅ましさ。とりあえず高級そうなグランドピアノにしておけば時とか越えられるんじゃね?という無考えなところがこの一言に詰まっており最高である。

俺は今、ロリコンじゃない

おひるねが説いた理。「ロリコンは幼女がそこに居ないとなる事ができない。だから今、俺はロリコンじゃないんだ…」深すぎるが故、およそ常人では理解することが出来ない。

か行

苦しくて辛いよ

4人でドライブに行った帰りの事。
しろこはよく車内にてノリノリで歌を唄うのだが、
その時はゴールデンボンバーの有名曲『女々しくて』を熱唱していた。
しろこのノリに段々と他のメンバーも同調していき、女々しくての歌詞部分を色々と替え歌にして遊んでいたのだが、その時に出たしろこの替え歌…
“苦しくて!苦しくて!苦しくて!…辛いよぉぉー”がみんなの心にクリーンヒット。
おひるね曰く「ただの感想やん」
たわし曰く「そりゃつれぇでしょう」
しろこのノリがただただ悲痛な叫びを生み出した瞬間だった。

さ行

全身全霊斬り

「勇者たるものぉおおおお!たとえ相手が格下であったとしても、リスペクトを忘れず!常に全力で立ち向かわなくてはならなぃいいいいいッ!ああぁぁあああああ!!ぜんっしん!ぜんれい!でぇええええええええッッ!!!」ドラクエ11にて主人公が全身全霊斬りを放つ度、たわしが全身全霊でこの口上をお送りする。本人曰く、2パターンあるらしい。

た行

たわしオンライン

テンションが上がりきったたわしが用いる謎ワード。既にオンラインしている状態から唐突に発せられるので、マジに意味不明である。

天の者 地の者

たわしがよく用いる言葉。天才的な物事を発したり、起こしたりする人の事を天の者。その逆を地の者と表す。特に天の者に関しては、メンバー間で”てんもの”と略されて使われる事が多い。決して出前の事ではない。

は行

はい。マウントー

相手にマウントを取られた時に、この一言を呟くだけでマウント奴を瞬時に黙らせる事が出来る強行動。自分がやる分には良いのだが、相手にやられると非常に腹が立つものがある。如何にこれを通されないよう、マウントを取ることが出来るか…マウントに命を掛けたもの達の腕の見せ所である。

ビジネスオンライン

テンションが上がりきっていないたわしが頭から捻り出した”たわしオンライン”。本家に比べると熱さが全く無く、淡々と発する為に皆に呆れられる。

不二周助

御存知、青春学園中等部三学年テニス部所属の全国区プレイヤー。たわしがよく唐突にこの人物の名前を発してくるが、その意味するところは単純に”天才”という事である。使用例→「素晴らしい…不二周助とお呼びしても?」

ぶつちちの詩

ドラクエ11をプレイしていたとの。
ぶつちち教を信仰としている彼の手にかかれば、かのすぎやまこういち先生の作った名曲群ですら、たちまち汚されてしまう事は想像に難くない。案の定とのの手により数々のぶつちち曲が生み出されたが、中でもボスの登場シーン等に挿入されるBGM『暗黒の魔手』を下品な音だけで表現した通称”ぶつちちの詩”はそのクオリティの高さ故に歴代ドラクエファンであり、数多のぶつちち曲に否定的だったたわしとおひるねを一瞬で虜にし、一緒に唄わせてしまう凄まじさであった。
ブツチチッ↑ブツチチッッ↑↑ブッブッブッブッ…

ぶりぶりブリー

4人で『ポータルナイツ』をプレイしていた際、とのが水の中に誤って落ちてしまったのだが、そこで『びりびりゼリー』という新手の敵と出逢った。
そのあまりの語感の良さ故にブツチチ教を信仰しているとのの犠牲となり、たちまち”ぶりぶりブリー”という不名誉なあだ名で呼ばれる事となった。
そして時が経ち、今でもメンバー間で特に意味もなく使用されている。
非常に汎用性が高くとりあえず言っとけば間違いない。

補食されたたわし

たわし、おひるね、しろこの3人でアウトライダーズにて遠征の14Tをやっていた時の事。なんとか最終エリアまで進んだ俺らだったが、戦闘開始早々、たわしの身に異変が起こる。なんと、木々の間に挟まって身動きが一切取れなくなったのだ!それでも諦めずに銃やスキルによって、決死の覚悟で群がるモンスター共を撃ちまくるたわし。なんとか敵の撃退に成功したが、ついに敵の大ボス“マザー”が二体現れ、徐々にたわしの元に迫りくる。それは、まさに映画エイリアンにて補食されるモブキャラのような断末魔だった。

「く、くるなあぁぁぁあああ!やめ…!あ、あぁあああああぁああっ!!!」

ちなみに、木々に間に挟まってからというもの、たわし以外の2人はその必死な様子をずーっと他人事のように笑っていた。

ボックス帰る?

おひるねが放った強烈な一言。御存知ポケットモンスターでは、手持ちの他にボックスというポケモン保管場所があるが、それに比喩して、活躍ができない様子の味方に対して“補欠になる?”的な意味として使われる。

ま行

マサラタウン

すべてのはじまりのまち。とてもここではかけないようなことが、にちやおこなわれているという。もちろん、100%メンバーの妄想である。

むりぶりぃ…

あまりにも無理めな出来事が起こった時に発せられる心からの叫び

ら行

レスキュールシオ

プレイヤーが逃げ出すゲーム、オーバーウォッチで荒んだ心を癒してくれる僕らのヒーロー。普段はルシオ奴隷といわれる程、自分からは絶対に選びたくないキャラクター筆頭のルシオだが、JAMProの「レスキューファイアー」が流れているときは曲のハマり具合も相まってメンバー全員こぞって“レスキュールシオ”になりたがるという意味不明な現象が起こる。

レスキュールーシオオオ!キミがのぞーむならー!急げっ!!!


サイト概要や俺らについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

俺らのセーブポイントとは?

俺らについて