ゲームレビュー“推し”合いブログ!youtubeで動画配信中(押すとチャンネルに飛びます)

ゴーストオブツシマが面白い件

推し人:しろこ

2020年発の名作

ゴーストオブツシマの本編+追加要素であるディレクターズカット版が発売されたが、今から1年少々前にこのゴーストオブツシマが発売された。

オープンワールド+侍たまに忍者という組み合わせで注目を集めていた事もあるが、自分が驚いたのは戦闘が面白かった事だ。(ストーリーも武士の「生き様」をみせつけられ胸が苦しくなるほどの名作だったが、今回はアクション+もうじき配信のマルチモード「群雄」への期待を語る)

  

こう言ってはなんだが海外のアクションゲームはもっさりしたものが多い。もっさりというのはアクションのキャンセルが効かなかったり、技の硬直が長い時に感じる事が多い。特にオープンワールドゲーは戦闘意外に労力を割いているのかわからないが、ゴリゴリのアクションゲームに比べるとやはり戦闘がおまけみたいな物が多い。

そこに颯爽と現れたゴーストオブツシマ。キャンセルがバリバリに効くのだ。基本的には強攻撃はいつでも回避やガード可能。また左アナログスティックをニュートラルにしたままで回避ボタンを押すと棒立ち状態に戻り素早いコンボ継続が可能(仁王の残心やギルティギアのロマンキャンセル、のようなイメージ)。

そして売りの一つでもある忍者(冥人)の特徴である忍具。クナイ(敵のアーマーを割り怯み状態にする)や煙玉(見つかっていても煙に紛れて暗殺をしたり、逃走したり)etc.がある。

ちなみに弓を使うとオートエイムやスローモーションでかなり狙いやすく遊びやすい。

それらを組み合わせ、オープンワールド特有のどこからでも攻められる事や、このゲームの特徴であるアクション性の良さで好きに戦う事が出来る・・・・

 

好きなように戦う事が出来る・・・のだが、本編をクリアしただけの昨年の自分は慢心していた。敵によって構えを変えて強攻撃でガードを割って殴る、弓は避ける(先に倒す)、面倒なときは忍具を放つ、このくらいしかやる事がないなぁ、このゲームの底が見えてきたかなぁ、そんな慢心をしていた。

マルチプレイモードが追加された

そんな慢心していた自分が所詮井の中の蛙に過ぎなかったと気づかされてしまった、それがマルチプレイモード。本編では主人公の仁がなんでも出来た。刀ではすべての構えを使え、気力ゲージは数え切れないほどストック出来、様々な忍具を使え、弓はスローモーション。

そんな仁がやば過ぎるため、このゲームの世界では仁の活躍は「4人の英雄」として語り継がれる事になった。つまりマルチプレイでは4キャラ居て、それぞれが仁の一部の機能を持っているのだ。

初めは当然物足りなく感じた。構えは切り替えれないし気力は少ないし忍具も1つしか持てない。アクション性が減っただけじゃん、そう思った。

 

マルチプレイは2人で協力してマルチ用ストーリーをクリアするモードと4人で協力して鬼の軍勢(蒙古襲来がそのように語り継がれた、という設定)から拠点3箇所を守るというディフェンスモードがある。

それらは難易度が4つ、簡単・普通・難しいに加えて百鬼(激ムズ)がある。この百鬼で己の浅はかさを知ることになった。

まず鬼の群れがヤバイ。ラスボスクラスの敵がわらわら出てくる。おまけにこちらは技や忍具に気力が滅茶苦茶少ない。当然歯が立たなかった。

4人で力を合わせてクリアするのかと思ったのだが、上手いプレイヤー達というのはどのゲームでも居るもので、彼らは1人で鬼の群れを殲滅(3つの拠点の内1つを1人で担当)してのけたのだ。

そういったプレイヤーのプレイ(の一部)を見て爆弾を投げまくれるビルドならば行けるのかな、と思いそのビルドを真似ると確かに上手くいった。

しかしそうこうしてるうちに上手いプレイヤー達は様々なビルド、最終的にはド直球の侍プレイ(近接主体)でもクリアしだした。

なんなら4人プレイのモードなのに1人(敵は変わらず)でクリアする者も現れた。

 

己のプレイヤースキルが足りていないとようやく知る事になった。それは悲しくもあり、このゲームの本当の面白さに気づくキッカケでもあった。

ゴーストオブツシマの本当のアクション性を知る

冒頭で書いた「 基本的には強攻撃はいつでも回避やガード可能。また左アナログスティックをニュートラルにしたままで回避ボタンを押すと棒立ち状態に戻り素早いコンボ継続が可能 」と言う文章だが、この重要性を再認識する事になった。

鬼の群れを相手にするには隙はなければないほど良いし、チャンスは必ず物にしたい。無駄な事を減らせば減らすほどよりプレイスタイルは攻撃的になり戦闘がどんどんと楽しくなっていった。もちろん敵の攻撃モーションを覚えてジャストガード・ジャスト回避を狙うのは当然。

ディフェンスエリア外(前線を上げて)で戦うと火の槍が降ってくる。これが最初は嫌で仕方なかったのだが、立ち位置や敵を削りきる計算を加えていくと火槍のスリルがたまらなく楽しくなった。

本編プレイ時のような敵に合わせて構えを変える・気力でゴリ押す・忍具で楽々、そんなプレイで満足している場合ではなかった。これは百鬼モードで一度ボコボコにされてみて、それをクリア出来るようになってようやく分かる事かもしれない。いくらここで語っても初見の人には伝わらないかもしれない。

 下手だった頃のスコアのスクショは無い。なぜなら当時そんなもの記念に撮りたいと思っていないから。

それでもこのゴーストオブツシマはただただ推したい、そんな気持ちになるほどの名作オープンワールドゲーであり、ごりごりのアクションゲームでもあるのだ。

今後のアップデートへの期待

そんなゴーストオブツシマだが、マルチプレイの大型アップデートがまもなくやってくる。

対人戦「群雄」が追加される、そう聞いた時は協力してのマルチが楽しかった自分は正直期待外れだったのだが・・・

よくよく情報を集めてみるとデスティニー2のギャンビットみたいな、プレイヤーvs鬼vsプレイヤーのようなルールらしい。

自分と味方の計2人で鬼と戦い、また別のマップで敵のプレイヤー2人が鬼と戦う。そして鬼と戦った功績で敵のマップへお邪魔鬼を送り込む、そんなルールらしい。(ぷよぷよの対戦が近いかもしれない)

これであればディフェンスモードに慣れてきてしまった人も焦りを思い出す事が出来るし、味方と協力して鬼を倒すという楽しさはそのままで居られるかもしれない。

またビルドの幅も広がる。要はレベルキャップが開放されるらしいのだ。

対人戦の焦りと、ディレクターズカットでの追加要素で増えた敵もおそらく出てくるので、かなりの苦戦を楽しめるだろう。

現環境では4つのキャラのうち、侍・刺客・牢人が爆弾を使える上に火槍も無くなり(別のトラップになった)、さらに(良くも悪くも)ディフェンスのウェーブ数も25から15に先日減ってしまったので正直かなり簡単になっている。1人や2人途中抜け(開幕でヒーラーである牢人が居ないのを見て抜けてしまう人が多々居る)があっても残りの人で当たり前のようにクリア出来てしまう。逆に言えばクリア出来る自信がある人が残りやすい。

それでもこのマルチプレイは楽しいので繰り返し遊んでしまう。そこでこの大型アップデート。

9月3日が待ち遠しくて仕方ない。

マルチプレイを求めているならもちろん、本編しかやらなくても他のビッグタイトル以上に楽しめるので和風なビジュアルが嫌いでなければ是非プレイを検討してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。